タケダ・いのちとくらし再生プログラム - 武田薬品×日本NPOセンター 協働事業

Twitter Facebook

プログラム概要

ホーム > プログラム概要

プログラム概要

プログラム概要

本事業は、東日本大震災により被災した地域の復興のため、認定特定非営利活動法人 日本NPOセンターが武田薬品工業株式会社から、アリナミンの収益の一部を寄付金として受け、主に岩手県、宮城県、福島県を対象に実施をするものです。

実施期間は、震災からの復興にかかる期間を10年と考え、その前期5年間を「第1期」、後期5年間を「第2期」として実施しています。

事業のテーマとして、被災地の方々の「いのちとくらし」を大切に紡ぎなおすために、第1期は大きく「人道支援」と「基盤整備支援」を掲げました。そして、震災から5年を経て新たに開始される第2期は、「連携・協働」と「住民のエンパワメント」をテーマとして活動を展開してまいります。

事業の形態については、第1期は日本NPOセンターがさまざまな関連団体と連携して実施する「自主・連携事業」と、支援活動を行っている多くの民間非営利の団体に対して助成する「助成事業」を行ってきました。第2期はこれら2つの事業に、これまで復興支援の活動に従事してきた地元NPOの持続的な活動継続を目指すための「組織基盤強化事業」を新規に加え、3つの事業を実施してまいります。

主旨

ともに育てよう「いのちとくらし再生プログラム」

3.11、大きな津波、そして原発事故。
あれから5年。
時代は、集中復興期間から復興・創生期間へと移りつつあります。
被災された人々は、仮設住宅から復興公営住宅などへと移りつつあります。
気持ちは、悲しみから希望へと移りつつあります。

 

東日本はどう再生していけるのか。
民間支援として、私たちに何ができるのか?

 

多くの失われた「いのち」、
未だ癒されぬ苦しみの中の「いのち」、
そして新しく生きようと逞しく模索する「いのち」。
これらすべての「いのち」の再生を、私たちは願います。

 

多くの失われた「くらし」、
未だ回復の先の見えない不安の中の「くらし」。
そして新しい生活を築こうとすでに動き始めた「くらし」。
これらすべての「くらし」の再生を、私たちは願います。

 

東日本大震災から5年。
今後5年の復興・創世期間を見据え、地域の再生と未来を目指して、
「いのちとくらし再生プログラム」を第2期として開始することにしました。
このプログラムは、武田薬品工業株式会社の「日本を元気に・復興支援」の一環として、
同社からのご寄付によって進めるものです。

 

被災地や移住先のみなさま、
被災地や移住先で活躍するNPOのみなさま、
そして全国の心意気のあるみなさま、
私たちのこのプログラムを、一緒に育てて行って下さい。

 

運営について

本プログラムの実施にあたっては、日本NPOセンターに事務局を設置し、基本的な事業立案・実施・管理にあたります。

また、第2期の助成事業の「選考委員会」を設置し、以下の選考委員が、助成事業の選考・評価等を実施します。

選考委員(五十音順 敬称略)