特定非営利活動法人 フードバンク岩手

特定非営利活動法人 フードバンク岩手

フードバンク事業・困窮者支援事業・就労継続、就労移行支援事業・社会参加促進事業などを行うことで、社会的孤立や貧困、障害、病、災害、差別、環境などで困難な生活や将来に大きな不安を抱く人たちが、自らの自発的な意志と選択により居場所や役割を享受でき、多様で、幸福と感じられる生活と社会的包摂の実現に寄与し、すべての人が健康で文化的な生活を営める社会の創造を目的としている。

実施事業

カテゴリー
連携・協働
事業名
フードバンク子ども応援プロジェクト
期間
2019年10月〜2020年9月
助成額(万円)
490
主な支援対象

小中学生のいる世帯で生活に困窮しながらもSOSを出せないでいる世帯など、各市200世帯を対象とし合計400世帯

主な活動地域
岩手県陸前高田市・大船渡市

活動実施の目的・背景

社会福祉資源との絶縁世帯『0』を目標とし、生活に困りながらもSOSを出せないでいる世帯や、放置すると生活がより困窮した状態になる恐れがある世帯を早期に支援機関とつなげ、伴走支援を行うことにより困窮の深刻化・複雑化を防ぐ。

被災地では、嵩上げや区画整理事業などハードの復興に焦点があてられがちだが、人々の生活、とりわけ孤立者や貧困者を放置しない地域コミュニティづくりの課題が残されている。特に、子どもを持つ世帯の貧困は依然深刻であるが、自ら「助けて」とは言い出しにくく、問題が時間とともに重篤化する傾向がある。
子どもをもつ生活困窮世帯への支援は様々な福祉施策があるが、生活に追われ忙しいだけではなく、重度のうつ病や恒常的な疾病、障がい等により、制度を知らない事や自身に必要である情報を収集することが出来ず、SOSを出せない世帯が多くみられる。

事業内容

1. 食品詰合せと相談窓口等のチラシ送付

対象となる困窮世帯各市50世帯合計100世帯へ食品・相談窓口の案内やパンフレットを同封して配布。困り事を抱えた世帯が自分の困り事に合った相談機関を知る。必要に応じて食品配布を行う。

2. フードドライブ(食品寄付キャンペーン)

通年、食品の募集は行うが、「フードバンク子ども応援プロジェクト」前には集中的にキャンペーンを実施し食品を募る。また、食品回収用BOXの設置に協力してくれる企業や団体も募る

団体概要

団体名
特定非営利活動法人 フードバンク岩手
代表者
伊勢昭一
所在地
〒020-0887
盛岡市上ノ橋町1番50号 岩繊ビル3-7
Tel: 019-654-3545
設立の目的

フードバンク事業・困窮者支援事業・就労継続、就労移行支援事業・社会参加促進事業などを行うことで、社会的孤立や貧困、障害、病、災害、差別、環境などで困難な生活や将来に大きな不安を抱く人たちが、自らの自発的な意志と選択により居場所や役割を享受でき、多様で、幸福と感じられる生活と社会的包摂の実現に寄与し、すべての人が健康で文化的な生活を営める社会の創造を目的としている。

通常の活動

行政や社会福祉協議会からの支援要請を受け食品食品の提供(2018年度749件)や、施設・学習支援・子ども食堂等への食品の提供