特定非営利活動法人 りくカフェ

特定非営利活動法人 りくカフェ

東日本大震災により甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市において、住民主導のコミュニティ・スペース運営をはじめとした各種事業を実施し、もって被災により分断・喪失したコミュニティの再生・創造を促進するとともに、陸前高田市の復興まちづくりに寄与する事を目的とする。

実施事業

カテゴリー
連携・協働
事業名
はまって、かだって 生涯現役 (参加して、おしゃべりして)
期間
2018年10月〜2019年9月
助成額(万円)
400
主な支援対象

主な活動地域に暮らす高齢者・被災者・地域住民

主な活動地域
岩手県陸前高田市及び近隣市町村

活動実施の目的・背景

地域の健康課題として「脳卒中死亡率・糖尿病予備軍率・幼児の齲歯率・中高生の肥満率すべてワースト1」の改善「急激な高齢化」の対策のため、「食育」「介護予防」に力を入れている。

「食育事業」 減塩・低カロリー食の味・ボリュームの体験のための、健康ランチ提供、栄養指導、料理教室、高校生考案メニューの提供、栄養相談、レシピ紹介など、家庭で実践できるよう工夫。

「介護予防事業」 介護予防プログラム(通称;スマートクラブ)の運営

前述の健康ランチに「運動・健康講座」と「交流・社会参加」の要素を加えた独自のプログラムを展開、復興団地などでも出前講座を開催。また、講座修了者のフォローアップ、自主活動支援など、継続してこその予防と考え活動している。

事業内容

1. 脳卒中死亡率・糖尿病予備軍・学生の肥満・乳児の齲歯率の低減
  • 減塩指導…栄養指導(管理栄養士・薬剤師・スタッフ)
    減塩低カロリー食の提供(実食による味加減・ボリュームの体験)
  • 出前講座(各災害公営団地)
    食育…栄養相談(管理栄養士)幼児を持つ母親、調理実習(各年代)、高校生メニューの提供
2. 介護予防講座の浸透
  • 現行の介護予防講座(スマートクラブ)の継続と充実
  • 出張スマートクラブを増やす。
  • 1. の出前講座の減塩指導と介護予防講座をセットで開催
  • 講座修了者への継続活動支援
  • ご近所さんとのお出かけの機会づくり
3. いきがいづくり
  • 菜園活動(食育への野菜提供で役に立ってる感も)
  • サークル活動(オープンな雰囲気で誘い合い「今日行く」「今日用」)
  • サークル自主運営(補佐支援付で社会参加):要望の多い「ヨガ・サークル」を11月から始動

団体概要

団体名
特定非営利活動法人 りくカフェ
代表者
鵜浦 章
所在地
〒029-2205
岩手県陸前高田市高田町字鳴石22-9
Tel: 0192-22-7311
設立の目的

東日本大震災により甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市において、住民主導のコミュニティ・スペース運営をはじめとした各種事業を実施し、もって被災により分断・喪失したコミュニティの再生・創造を促進するとともに、陸前高田市の復興まちづくりに寄与する事を目的とする。

通常の活動

主な活動としては、2012年1月から駐車場の一画の仮設のコミュニティスペースで活動を始めた。2014年には、本設のコミュニティスペースを創出し、これ以降、地域課題の解決のため 健康づくりの核として介護予防・食育活動を中心に行っている。