認定特定非営利活動法人 心の架け橋いわて

認定特定非営利活動法人 心の架け橋いわて

東日本大震災により岩手県大槌町では甚大な被害を受け、復興に向けてメンタルヘルス対策が大きな課題となっている。われわれは国内外の専門家の篤志と叡智を集めてメンタルヘルスに関わる復興事業を広く支援するために「心の架け橋いわて」を設立した。

実施事業

カテゴリー
連携・協働
事業名
被災地コミュニティにおける支援団体間の連携・協働によるメンタルヘルスケアの強化
期間
2018年10月〜2019年9月
助成額(万円)
398
主な支援対象

主な活動地域に暮らす児童、高齢者、障害者

主な活動地域
岩手県大槌町および周辺地域

活動実施の目的・背景

岩手県大槌町は、東日本大震災により甚大な人的被害を受けた。複合的な喪失体験はコミュニティ全体が抱える深い傷であり、被災住民の心のケアは復興事業における最重要課題の一つである。また大槌町では行政、医療機関、教育機関、公共交通が壊滅的な被害を受け、震災後7年が経過しても他地域に比べ復興が遅れている。復興過程における医療、福祉、教育、雇用等の課題は山積しており、特に勤労人口の流出による急速な高齢人口率の上昇によりいち早く到来する「超高齢化社会モデル」への対応は重要な課題である。

震災に伴う喪失体験により惹起された不眠、抑うつ、PTSD、アルコール依存等の精神的問題は遷延化を呈し、加えて長期仮設住宅暮らしによる寡動と高齢化に伴う身体的問題も深刻となっている。また災害弱者の一部は生活弱者となっており、児童、障害者へのケアも益々重要となっている。これらに応えるための人的資源は圧倒的に不足しており、外部からの精神医療専門家と現地支援者との連携強化が求められている。

事業内容

(1)岩手県内における連携・協働
  1. 児童へのメンタルヘルス支援と支援者支援
    NPO法人つどいとの連携・協力により、大槌町に定期的に臨床心理士を派遣し、児童のみならず保護者および支援スタッフへの専門的助言・指導を行う。
  2. 高齢者へのメンタルヘルス支援と支援者支援

    ぬくっこハウスにおける定期的なサロンとして、転倒予防と認知能力向上のための軽運動「ふまねっと」サロンと音楽療法士による音楽サロンを開催するとともに、スタッフ研修会での助言・指導を行う。

  3. 障害者へのメンタルヘルス支援と支援者支援
    NPO法人かだっぺしの活動拠点に臨床心理士を定期派遣し、物作り、料理教室、個別相談等により社会性の向上を支援する。
(2)東北被災3県における連携・協働

2013年から毎年開催してきた3団体の協働年次研修会「ここ・から・なごみ」を2019年2月に仙台市で開催する予定である。2019年8月に遠野市で開催予定の第9回未来創りサマースクールにおいては3団体が共同で被災地のメンタルヘルス支援に関するシンポジウムを企画運営する予定である。

(3)日米災害メンタルヘルス専門家等との連携・協働

JAMSNET東京より、ニューヨークで専門的教育訓練を受けた邦人音楽療法士および芸術療法士を大槌における支援活動に派遣してもらう。また(2)に示した通り、世界文化精神医学会等において日米間の人的交流を進める。

団体概要

団体名
認定特定非営利活動法人 心の架け橋いわて
代表者
鈴木 満
所在地
〒020-0013
岩手県盛岡市愛宕町11-10-407
Tel: 019-651-2117
設立の目的

東日本大震災により岩手県大槌町では甚大な被害を受け、復興に向けてメンタルヘルス対策が大きな課題となっている。われわれは国内外の専門家の篤志と叡智を集めてメンタルヘルスに関わる復興事業を広く支援するために「心の架け橋いわて」を設立した。

通常の活動

主な活動内容は、多職種メンタルヘルス専門家チームによる被災者住宅訪問支援事業、大槌町社会福祉協議会生活支援相談員や町役場保健師、現地NPO法人等を対象とした支援者支援事業、地域の集会所や本法人活動拠点でのサロン等を通した心のケアに関する啓発普及および相談事業である。