タケダ・いのちとくらし再生プログラム - 武田薬品×日本NPOセンター 協働事業

Twitter Facebook

お知らせ

ホーム > お知らせ > 第2回助成事業の募集について

第2回助成事業の募集について

第2回助成の募集を開始します

本プログラムの事業の一つとして、「いのち」と「くらし」の再生を願い、被災3県(岩手、宮城、福島)において活動する民間の支援活動に対する助成を行っています。第1回の助成では、13団体(いのちの再生で6件、くらしの再生で7件)に対して助成をさせていただきました。

参考:第1回助成事業一覧

今回の第2回の助成については、6月1日より下記の通り募集要項を公開しました。ご関心のある団体はぜひ募集要項をご覧のうえ、ご応募ください。

募集内容

(1)応募資格

「いのち」と「くらし」の再生に関わる社会的課題を発掘し、その種類を解決するために被災3県において活動する非営利の組織とします。法人格の有無や種類は問いません。ただし、政治的・宗教的な組織は対象としません。

なお、医療関係者の団体による応募につきましては、後述の選考委員会が応募団体を当該団体と判断した場合、寄付金拠出者(武田薬品工業株式会社)に利益をもたらす可能性を排除するために、選考委員会での当該団体を対象とした選定過程において、寄付金拠出者は一切関与しません。

さらに、選考委員会が当該団体を助成対象に選考した場合、医薬品業界内ルールおよび寄付金拠出者の制定する規定(透明性ガイドライン)などに照らし、当該団体は当該団体名の公開について寄付金拠出者と同意することをもって、決定とさせていただきます。同意いただけない場合は、選考結果を取り消させていただきますことをご留意ください。

(2)助成内容
  1. 対象経費
    応募活動に関わる必要経費(支出項目は特に定めません。運営費や人件費を含むことができます)
  2. 助成限度額
    助成1件につき500万円〜1,000万円(総額3,000万円を予定)
  3. 対象となる活動
    「いのち」と「くらし」の再生に関わる下記の活動を対象とします。
    いのちの再生

    人道支援の視点から、社会的に弱い立場にある被災者(子ども、高齢者、病人、障害者、災害遺児・遺族、経済的困窮者等)が尊厳をもって生きていけるよう、その人権を尊重し、日常生活を支援し、保健・医療・福祉の充実を図る活動。

    くらしの再生

    復興にむけた基盤整備支援の視点から、被災した人々が生きがいのある暮らしを回復できるよう、生活の場・仕事の場を再建し、生活基盤を整備する活動。なお、これらの活動に関わる調査研究や政策提言活動も対象とします。

  4. 助成期間
    2012年10月1日から1年間
    (毎年度の選考によって必要と認めた場合には最長3年間の継続助成の可能性があります)
(3)選考
  1. 選考方法
    「いのちとくらし再生委員会」内に設置する選考委員会にて、選考を行ない決定します。選考課程で、必要に応じて関連資料を提出して頂いたり、応募団体にインタビュー等を行ないます。
  2. 選考基準
    下記の点で高く評価されたものを選考します。
    ア)社会的意義:本プログラムで定める対象活動としての社会的意義が大きい。
    イ)現地性:現地のニーズをよく把握し、現地の関連組織ともよく連携がとれている。
    ウ)実現性:実施体制・スケジュール・予算等が適切で活動の実現性が高い。
    エ)実施能力:応募団体には、応募内容を実施するに十分な組織基盤や活動実績がある。
  3. 選考結果の通知
    助成の採否は2012年9月中旬までに書面にて通知します。
(4)助成金
  1. 支払い
    助成決定後、覚書を交換し、所定の手続きを経て2012年9月25日までに助成金を支払います。
  2. 使途
    助成金は、応募書類の資金使途計画に従って用いていただきます(計画変更が必要になった場合は変更願いを出して承認を求めていただきます)。
(5)助成期間中及び助成終了後の提出書類

所定の書式により、下記の報告書を提出いただきます。

  1. 助成後半年経過時点の経過報告書・収支報告書(2013年4月末日まで)
  2. 助成終了時点までの完了報告書・収支報告書(2013年10月末日まで)
  3. 助成事業の実施状況を示す写真・資料等(2013年10月末日まで)

※なお、助成期間中に現地インタビューに伺うことがあります。

(6)個人情報

応募用紙に記載の個人情報は本助成事業の目的以外には利用しません。

応募手続

(1)応募用紙の入手方法

応募用紙をダウンロードいただくか、送付先の住所・氏名を明記の上、タケダ・いのちとくらし再生プログラム事務局へFAXにてご請求ください。
第2回応募用紙(Word形式:約127KB)
第2回募集要項(PDF形式:約733KB)

タケダ・いのちとくらし再生プログラム事務局
Fax. 03-3510-0856

(2)応募書類
  1. 応募用紙に応募活動の概要や実施予算の必要事項を記入してください。
    ★原本およびコピー、計2部をクリップで留めてください(ホチキスは使用しない)
  2. 添付書類
    1. 定款(法人の場合)または会則(任意団体の場合)
    2. 役員名簿
    3. 前年度の事業報告をおよび決算書(前年度に該当する活動がない場合は不要です)
    4. 当年度の事業計画書及び予算書

    ★その他、選考の過程で必要となった場合に資料をおおくりいただくことがあります。

(3)応募期間

2012年7月2日(月)〜11日(水) 当日消印有効

(4)応募・お問い合わせ先(事務局)

ご応募は必ず消印の分かる方法で下記事務局に郵送ください。
持参はお断りします。

認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター
タケダ・いのちとくらし再生プログラム事務局
担当:福田、坂口、三本

〒100-0004
東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル245
Tel. 03-3510-0855 Fax. 03-3510-0856
E-mail: info@inochikurashi.jp
Website http://www.inochi-kurashi.jp/