タケダ・いのちとくらし再生プログラム - 武田薬品×日本NPOセンター 協働事業

Twitter Facebook

お知らせ

ホーム > お知らせ > 国連防災世界会議パブリック・フォーラム《災害支援者へのメンタルヘルスケアの必要性とその課題》のご案内(2015年3月15日(日))

国連防災世界会議パブリック・フォーラム《災害支援者へのメンタルヘルスケアの必要性とその課題》のご案内(2015年3月15日(日))

タケダ・いのちとくらし再生プログラムの自主・連携事業《支援者のためのメンタルケア事業》では、公益財団法人日本YMCA同盟と協働し、臨床心理学の専門家や支援者ケアの実践者などを講師に迎え、被災地のNPO・NGO役職員を対象とした宿泊型研修『支援者のためのリフレッシュプログラム』を実施してきました。

災害支援者が疲弊することなく被災地の復興に取り組み続けるためには、どの様なケアが必要となるのか。これまでのケアプログラムの実践から得られた「支援者ケア」の可能性と課題を、国連防災世界会議パブリック・フォーラムの場で共有します。

また、「支援者ケア」に関心のあるNPO・NGOや専門家の皆様とともに、これからの支援者ケアの担い手やネットワークを生み出す連携の場とします。

なお、「国連防災世界会議」とは国際的な防災戦略について議論する国連主催の会議であり、第1回(1994年、於:横浜)、第2回(2005年、於:神戸)とも、日本で開催されています。
詳しくは第3回国連防災世界会議Webサイトをご覧ください。

また、日本NPOセンターは《2015防災世界会議日本CSOネットワーク(JCC2015)》の幹事団体も務めており、「第3回国連防災世界会議」に向けて海外の市民社会の人々とも協調しつつ、「ポスト兵庫行動枠組(HFA2)」の策定に参画し、それを含めた持続的で災害に強い社会の構築に向けて、世界の人々と共に学びを分かち合い提案しています。
詳しくは2015防災世界会議日本CSOネットワークWebサイトをご覧ください。

開催概要

■日時 :2015年3月15日(日) 17:30-19:30(開場17:15)
■場所 :TKPガーデンシティ仙台勾当台 ホール2
     (仙台市青葉区国分町3-6-1 仙台パークビル2F)
     ※仙台市営地下鉄南北線 《勾当台公園駅》より徒歩1分
     会場地図
■対象 :どなたでもご参加いただけます。
■参加費:無料
■定員 :100名

案内チラシをダウンロード(PDF:約418KB)

内容

「支援者のためのリフレッシュプログラム」実践報告
(17:30~)

山根一毅(公益財団法人日本YMCA同盟/主任主事)

基調講演「災害支援者へのメンタルヘルスケアの必要性とその課題」(17:45〜)

中谷三保子(帝京平成大学名誉教授/臨床心理学博士)

公開議論(18:35~)

コーディネーター:
田尻佳史(特定非営利活動法人日本NPOセンター/常務理事)

お申込み

※お申込受付は終了いたしました。

お問合せ先

認定特定非営利活動法人日本NPOセンター
タケダ・いのちとくらし再生プログラム事務局 (担当:三本・深野)

〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル245
Tel. 03-3510-0855
E-Mail: info@inochi-kurashi.jp