タケダ・いのちとくらし再生プログラム - 武田薬品×日本NPOセンター 協働事業

Twitter Facebook

助成事業

ホーム > 助成事業 > 助成団体一覧 > 特定非営利活動法人 りあすの森

特定非営利活動法人 りあすの森

団体概要

団体名 特定非営利活動法人りあすの森
代表者 熊谷秋雄
所在地 宮城県石巻市
ウェブサイト http://www.riasnomori.jp/
設立目的 東日本大震災における津波により壊滅的な被害を受け、多くのものを失った宮城県石巻市沿岸部の震災からの復興と、日本の社会問題も合わせて解決し、歴史や文化を尊重した新しい未来を創造する。東北をはじめ日本と世界にある智恵を集め、持続可能な暮らしができるスロー&スモールな村づくりを目指す。また、学ぶことを地域活性化の中心に置いた幸福な村づくり(スロービレッジ)を石巻北上地区に創り上げる。
通常の活動内容
  • 村づくり活動(新古里村ローカルデザインプロジェクト)
  • 青少年育成活動(宮城・ハンガリー青少年交流プロジェクト)
  • 環境保全活動(ヨシ原再生活用プロジェクト)
  • ホースセラピープロジェクト
  • シェア里山プロジェクト等

第5回新規助成

事業概要
カテゴリー いのち
事業名 ホースセラピーとヨシ原活用事業
期間 2014年4月~2015年3月
助成額(万円) 650
主な支援対象 石巻市住民
主な活動地域 宮城県石巻市
活動実施の目的・背景

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市では、発災から2年が経過した今も復興が進まず、大勢の住民が仮設住宅で生活をしている。特に子どもや高齢者、障害者を取り巻く環境は厳しく、自然に触れる機会が失われ、子どもの感性を成長させることが難しくなっている。
動物や自然との触れ合いは、当人の内在ストレスを軽減させたり、あるいは自信を取り戻したりする効果があり、これらを通じて精神的な健康を回復させることを目指す。

事業内容
1.馬とのふれあいによるアニマルセラピー

仮設住宅において、子ども向けに馬とのふれあいや引き馬会を毎月開催するとともに、乗馬セラピーは牧場で毎月2回開催する。また、夏休みの8月には3泊4日で里山に宿泊しての「乗馬キャンプ」を実施して、馬との触れ合いを深め、農業体験やヨシ船制作体験などを行う。その他にも、海水浴場での馬車体験会や、馬搬作業の研修会も開催する。

2.北上川のヨシ原活用事業

北上川河口域は日本有数のヨシ原であり、その豊かで貴重な自然の保護と有効活用を図るために、多彩なプログラムや体験イベントを実施する。
具体的には、ヨシ船制作体験、ヨシ刈体験、ヨシ和紙梳き体験をはじめ、ヨシペン制作&絵手紙作成、ヨシ原撮影会、ヨシ原写真展などである。
また、楢葉を使った楢葉漁体験や河口域水生生物の自然観察会などの自然に親しむ機会も提供する。