タケダ・いのちとくらし再生プログラム - 武田薬品×日本NPOセンター 協働事業

Twitter Facebook

助成事業

ホーム > 助成事業 > 第1回新規助成 > 中之作 直してみんかプロジェクト

中之作 直してみんかプロジェクト

事業概要

主な支援対象

津波で被災した築200年の古民家の修復・地域イベントの開催

主な活動地域

福島県いわき市中之作~江名の沿岸部

活動実施の目的・背景

中之作・江名地区は2011年3月の震災で津波を受けたのにもかかわらず古民家が多く残っている。元々過疎が進んでいたということと市の解体助成が伴って、海沿いの美しい町並みの解体が人の手によって始まっている。この町に残って生活する住民は多いものの、近隣にはコミュニティの場や飲食店が無いに等しい。建築という観点から、江名・中之作および隣接する地域の町並みの保存に関する事業を行い、修復可能な空き家や古民家を利用し、飲食店等の誘致をする等の取り組みにより、町並みの保存と町に活気を取り戻し、地域の歴史と文化の伝承に寄与することを目的とする。

事業内容
築200年の古民家の修復・活用
  • 築200年の古民家を譲り受けた。この建物を修復し、活動の拠点とする。
  • この建物を復興とまちづくりのシンボルとし、地域のコミュニティの場、イベント等の場として活用する。
  • 修復作業は、危険を伴う作業・特殊技術の必要な作業を除き、一般の方でも参加可能なワークショップ形式で行う。また、ワークショップは近隣地域の方はもちろん市内外、県外からも広く募集する。
  • 建築・古民家に興味ある方を対象にした建物保存の勉強会開催をする。
  • 200年前の建築技術を学び、多くの方が参加することで人とのつながりを持つ機会を作る。
  • 古民家民宿、ヨガ教室、星空教室、野菜の産直市場、ギャラリー等の利用に備えた改修計画。
  • 近くの道路をマラソンやサイクリングで利用する方が多いことから、立ち寄り休憩所として提供。
地域に根付くイベントの開催
  • 市内、市外の方を対象に、町並み散策ウォーキングやサイクリングイベントを定期的に開催し、町の魅力について知ってもらう。
  • 築200年の建物を活用し、地域に根付いたイベント(吊し雛)や被災した方へ物資を配布する配布会の場所として提供、地域の歴史や文化を伝えるイベントを開催する。
  • 市内の農家や地元の方と共同し、地元の伝統料理教室を行う
歴史的価値のある古民家の発掘と保存、誘致
  • 中之作・江名地域にある歴史的価値のある建物を発掘・調査する
  • 歴史的価値のある建物を登録文化遺産にする為の手続きのサポート
  • 町並み形成に必要となる建物の保存のための建物利用団体等の誘致

実施団体

団体名 中之作プロジェクト
代表者 豊田善幸
所在地 福島県いわき市
ウェブサイト http://toyorder.p1.bindsite.jp/nakanosaku/
設立目的 中之作漁港の目の前にある築200年の古民家を修復し、拠点及びシンボルとしてまちづくり活動を行う。建築という観点から、江名・中之作および隣接する地域の町並みの保存に関する事業を行い、地域の歴史と文化の伝承に寄与することを目的とする。
通常の活動内容 発災後に設立