タケダ・いのちとくらし再生プログラム - 武田薬品×日本NPOセンター 協働事業

Twitter Facebook

助成事業

ホーム > 助成事業 > 第1回新規助成 > 山元町コミュニティスペース「ここさこらいん」運営支援事業-障害のある人×アート×福祉による居場所づくり モデル開発事業 –

山元町コミュニティスペース「ここさこらいん」運営支援事業-障害のある人×アート×福祉による居場所づくり モデル開発事業 –

事業概要

主な支援対象

障害児者とその家族、災害の影響により精神保健のケアを必要とする人。
また、これらの支援に従事する行政職員や福祉サービス従事者。

主な活動地域

宮城県亘理郡山元町

活動実施の目的・背景
1. 背景

当団体は復興支援活動のひとつとして、全国各地の障害のある人とともに「アートによる仕事の復興支援」をキーワードにした活動に従事している。そのうち、山元町社会福祉協議会「工房地球村」(宮城県亘理郡)が直面した授産活動売上の700万円の減収という課題に対し、地球村の利用者と職員とともに「いちごものがたり」と名付けた製品シリーズの開発・流通を行い、障害のある人たちの工賃捻出とアート活動による生きる力の取り戻しを支援している。

2. 新たな支援ニーズの浮上

発災後8カ月がたち、被災者でありながらも、福祉サービスの担い手として業務に追われている山元町社会福祉協議会の職員の後方支援という新たなニーズが生まれた。震災後、津波のトラウマ、経済的貧窮者、環境の変化によるうつ病、アルコール依存症などとくに精神保健福祉のニーズが高まり、心の健康を回復するための支援活動が活発化した。

職員は地域住民のあて先となる‘場’の創出や居場所づくりの必要性を痛切に語った。町からは喫茶店がひとつもなくなり、「工房地球村」または隣接する仮設住宅の敷地の中に、地域住民が気軽に集まれる喫茶店のような場を設置したいと思うものの、その思いを具現化する余裕がなかった。

町の状況や未来の復興への希望など、福祉サービス従事者のリアルな問題意識や想いに添いながら、山元町にあった‘場’=コミュニティスペースの創出、その実現に向けて後方支援をすることが重要となっている。

活動の目的

当団体は、山元町社会福祉協議会をパートナー団体として、復興にむかう基盤整備の後方支援活動を行う。

  • 障害のある人や精神保健のケアを必要とする人たちを含み、地域住民にとって居心地の良い‘場’の創出とその持続的な運営のための仕組みづくりを支援する。
  • 町の復興計画のうち「福祉施設に関わるもの」「魅力的なまちづくりに関わるもの」において、それを具現化するためのアイディアや人材や資金を得るための潤滑油となる。
  • この事業を「障害のある人×アート×福祉による居場所づくり モデル開発事業」とし、支援プロセスを実践的研究として位置づけ、ほかの被災地域や未来のまちづくりにつながる例としたい。
事業内容

山元町コミュニティスペース「ここさこらいん」運営支援事業
障害のある人×アート×福祉による居場所づくり モデル開発事業

山元町社会福祉協議会が設置するコミュニティスペースの運営全般を支援する。
  1. 実行委員会(=井戸端会議)の設置
    福祉サービス従事者、地域住民などによる「こんな場があったらいいな」を考える委員会。ニーズ調査の場とする。また山元町震災復興推進課が実施している住民への意向調査にも添う活動とする。
  2. コミュニティスペースの事業計画策定
    設置場所、活動内容(喫茶店・手仕事のシェア・地場産品づくり・町の土産物販売など)、資金確保、運営についての事業計画を策定する。コミュニティスペースの設置場所は山元町社会福祉協議会が確保する。
  3. 実施計画策定と試行事業実施
    コミュニティスペースの運営を試行的に実施。障害のある人、高齢の人、農業や漁業従事者で仕事の再開をあきらめた人など、社会的に弱い立場にある人たちの仕事づくりの視点に立ち運営を考える。
  4. 仕組みを維持するためのNPOの設置
    現在、当団体の事業である「エイブルアート・カンパニー」は、障害のある人たちの工賃捻出とアート活動による生きる力の取り戻しを支援しているが、復興支援活動を通して、今後は「社会デザイン」を実践するNPOとしての役割を果たしていく。

実施団体

団体名 財団法人 たんぽぽの家
代表者 播磨靖夫
所在地 奈良県奈良市
ウェブサイト http://popo.or.jp/
設立目的 障害のある人、子どもや高齢の人が安心して地域で生きていくことを支えるために、文化活動の力を活かし活動する市民団体として発足。
通常の活動内容 障害のある人のつづった詩をメロディにのせてうたう「わたぼうしプロジェクト」、他者への気遣いや支えあいを大切にするための社会づくりに貢献する「ケアする人のケアプロジェクト」、障害者アートを新しい視座で見直しアートと社会の新しい関係をつくる「エイブルアート・プロジェクト」を展開。国内外の団体とネットワーク型の活動を推進し、市民社会・市民文化づくりに貢献することをめざしている。